HOME > モスリンニュース

モスリンニュース

風工房 斉藤洋さん 風布・kazafu展のご案内

久々のモスリンニュースです!

風工房の斉藤洋さんが『風布・kazafu展』
平成29年2月21日(火)〜平成29年3月5日(日) まで
開催されます。





天然染料×インクジェットプリントのコラボした作品等
展示されます。

天然染料で染められた作品は、まさに≪風≫です。

やさしいモスリンの風をぜひ感じてください!!

場所、日時は下記の通りです。

風布・kazafu展

場所:京都市中京区河原町通四条上ル塩屋町332
   マロニエビル2F TEL 075-212-3153
日時:平成29年2月21日(火)〜平成29年3月5日(日)
   12:00〜19:00 月曜休廊 最終日は17:00まで

NHK ヒストリア 着物トキメキ千年物語

2017年1月13日にNHKで放送されました番組 
歴史秘話ヒストリア 着物トキメキ千年物語に
弊社の純毛モスリンが使用されました。

シーンは明治の初め、友禅染の名人・広瀬治助が、化学染料を使って新たな友禅染を生み出そうと挑戦を始めます。毛織染織家の堀川新三郎の工房をを訪ねるという場面です。
再放送・地域別本放送されますので、ご覧下さい。

再放送
  2017年1月27(金)PM4:05〜PM4:48
北海道ブロック 
  2017年1月27日(金)PM8:00〜PM8:43
東北ブロック
  2017年1月27日(金)PM8:00〜PM8:43
中国ブロック
  2017年1月20日(金)PM8:00〜PM8:43
水戸地域 
  2017年1月20日(金)PM8:00〜PM8:43

風工房 斉藤洋さん 梅雨展のご案内

久々のモスリンニュースです!

風工房の斉藤洋さんが『梅雨展』
平成28年6月27日(月)〜平成28年7月3日(日) まで
開催されています。


優しい色合い、自然の風合いを感じますね。



モスリンの新作はもちろん、
浴衣や団扇などの新作展です。

ぜひ、ご覧下さい!!!


風工房 『梅雨展』

場所:京都市左京区岡崎東福ノ川町24 (金戒光明寺・黒谷さん前)

日時:平成28年6月27日(月)〜平成28年7月3日(日)
   11:00〜18:00

美しいキモノ 2015年冬号!

美しいキモノ 2015年冬号に弊社のモスリンが紹介されました!!!



染織年間特集 次世代へつなぐ、日本の染めと織り近畿編の中で紹介されております!



近畿編だけでも様々な染めや織りがあることに
改めて、感動しました。

次世代へつなぐ、日本の染めと織り

次世代へつなげて行きたいです。

かのうふくゑさん 展示会のお知らせ

かのうふくゑさんが、バック作家の竹田安嵯代さんアクセサリー作家の岡本康さんと
2015年9月9日(水)〜2015年9月15日(火)まで、
大阪 阪急うめだ本店10階の「GALERIE le ton du temps」にて、展示会をされます。

やわらかなウールガーゼのショールなども展示されます。
やさしい色彩のかのうさんのショールと、オブジェのような竹田さんのバック 
木のぬくもりが伝わってくる岡本さんのアクセサリー・・・
是非ご覧ください。



 場所: 阪急うめだ本店10階 うめだスーク北街区
      GALERIE le ton du temps
  日時: 2015年9月9日(水)〜2015年9月15日(火)
  時間: 日曜日〜木曜日 10:00〜20:00
      金曜日・土曜日 10:00〜21:00

第4回 東北の手わざ展のおしらせ

風の布パピヨン主催『第4回 東北の手わざ展』
平成27年9月3日(木)〜9月6日(日)まで京都市左京区の
ギャラリー唯で行われます。



すばらしい布クラフト作品が、たくさん並びます。


是非、お立ち寄りください。



『第4回 東北の手わざ展』
  織り 縫い 〜語り合いながら〜


期間:平成27年9月3日(木)〜平成27年9月6日(日)
時間:11:00〜18:00(最終日は17:00まで)
場所:ギャラリー唯
   京都市左京区岡崎円勝寺町91
   グランドヒルズ岡崎神宮道102
TEL:075-752-0348

成広のり子さん 個展 『SAKANA』 作品 ご紹介

2015年7月28日(火)〜8月23日(日)まで
京都 堺町通の森の小枝ギャラリーで行われている
絵本作家 成広のり子さんの個展『SAKANA』
出展されている作品をいくつかご紹介いたします。!!!



和晒の二重ガーゼハンカチです。
淡い色合いが綺麗です。市松の模様の中のちいさなお魚が
かわいいです。




モスリン風呂敷です。
落ち着いた色合いで迫力のある柄!角にある正面から見た
魚の顔が楽しいです。




続いてもモスリン風呂敷です。
色とりどりの魚達が綺麗です。

8月23日(日)まで開催されています。

是非、ご覧下さい!!

成広のり子 個展 『SAKANA』

場所:京のケーキ屋さん 森の小枝ギャラリー
     京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675
     フォルムズ烏丸御池102
     TEL075-204-3610

日時:2015年7月28日(火)〜8月23日(日)
   AM11:00〜PM7:00
*期間中 土曜日と日曜日は在廊されています。



風工房 斎藤洋 さん 工房展のお知らせ

風工房 斎藤洋さんの工房展風工房・火灯し頃展が、
7月25日(土)〜31日(金) 斎藤洋さんの工房で開催されています。



今回は、染め絵も展示されているそうです。

暑さが和らぐ黄昏時に、草木染めの柔らかな色に癒されます。


風工房・火灯し頃展

場所:〒606-8321
    京都市左京区岡崎東福ノ川町24 風工房(黒谷さん門前)

期間:平成27年7月25日(土)〜平成27年7月31日(金)

時間:16:00〜20:00

中井由希子さん 展示会のお知らせ

染色作家の中井由希子さんが
2015年7月17日(金)〜26日(日)まで
奈良市 rooftopで展示会をされます。

中井由希子さん 立体造形作家のご主人 そしてお子様の
絆と愛が溢れている展示会です。




「家族展」

場所: rooftop
     奈良市東城戸町35柴田ビル3F
     TEL 0742-55-2250
日時:  2015年7月17日(金)〜2015年7月26日(日)
     AM10:00〜PM5:00

成広のり子さん 個展のお知らせ

絵本作家 成広のり子さんの個展が
2015年7月28日(火)〜8月23日(日)まで
京都 堺町通の森の小枝ギャラリーで行われます。

絵本などの作品の他、弊社の和晒やモスリンの生地を
捺染染めしたハンカチや風呂敷も展示されます。



生き物への愛情いっぱいの個展です。

成広のり子 個展
「SAKANA」


場所:京のケーキ屋さん 森の小枝ギャラリー
     京都市中京区堺町通御池下ル丸木材木町675
     フォルムズ烏丸御池102
     TEL075-204-3610

日時:2015年7月28日(火)〜8月23日(日)
   AM11:00〜PM7:00
*期間中 土曜日と日曜日は在廊されています。

fujii+fushikino(フジイフシキノ) 展示会のお知らせ

fujii+fushikino(フジイフシキノ)のお二人が
今週水曜日から大阪梅田LUCUA100で
モスリンの服」展示会をされます。



やわらかな色合いと、モスリンの風合いを最大限に活かした
カッティングと縫製!!

お二人の優しさが溢れた作品が並びます。

是非 ご覧下さい。

fujii+fushikinosさんのHPもご覧下さい。
http://fujiifushikino.com/

fujii+fushikino個展
「モスリンの服」


場所  タピエスタイル ルクア イーレ店
    大阪市北区梅田3-1-3
    ルクア イーレ 4F イセタン クローゼット

TEL 06-6459-7768

期間  2015年6月3日(水)〜9日(火)
    10:00〜21:00(休日等はルクア イーレに準ずる)


fujii+fushikino(フジイフシキノ) 展示会のお知らせ

fujii+fushikino(フジイフシキノ)のお二人が、
来週末2015/4/18(土)〜4/25(土)東京銀座で展示会をされます。

今回は新作のカタチでフルオーバータイプのシャツを1型追加されるようです。

是非!!ご覧下さい!!!



『モスリンの服』

場所:Ecru+HM(エクリュエイチエム)
   〒104-0061
   東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F
   Tel.&Fax.03-3561-8121
   URL:   http://ecruplushm.com/
期間:2015/4/18(土)〜4/25(土) 会期中無休
時間:12:30~19:00 (最終日 17:00まで)

また、fujii+fushikino(フジイフシキノ)さんの
HPもご覧下さい。

    fujii+fushikino
    http://fujiifushikino.com/

2015 2016 コマテキスタイル海ollection終了のお知らせ

弊社コマテキスタイル株式会社 毎年恒例の
2015/2016Collectionは、盛況に終了いたしました!


ご来場いただきました皆様、ご協力いただきました皆様!
本当に有難うございました。

今後も常に変化するライフスタイルを的確にとらえ、
得意とする企画・デザイン力を背景にして、日々トレンドを
提供していまいります。

今後とも宜しくお願いいたします。

2015 2016 コマテキスタイル株式会社Collectionのご案内

弊社コマテキスタイル株式会社 毎年恒例の
2015/2016Collectionが
平成27年4月7日(火)〜平成27年4月10日(金)までの4日間
コマテキスタイル株式会社本社にて開催いたします。

羽毛用側生地 羊毛用プリント 更紗 座布地なとなど!
常にお客様のニーズにお応えすべく新商品をご提案させていただきます。

皆様のお越しを社員一同 心よりお待ちしております。





2015/2016 Collection
場 所:〒541-0056
     大阪市中央区安土町3-3-9 田村駒ビル10F
     コマテキスタイル株式会社
     TEL 06-6263-2560
期 間:平成27年4月7日(火)〜
         平成27年4月10日(金)
時 間:9:00〜17:00
    但し4月10日は9:00〜15:30

京都造形芸術大学 2014年度卒業展 大学院修了展のおしらせ

毎年 楽しみにしている 京都造形芸術大学の卒業展が
明日 2015年2月21日(土)〜2015年3月1日(日)まで
京都造形芸術大学瓜生山キャンパスにて開催されます。

学部生・大学院生の皆様が1年間かけて制作した作品展です。

拝見する度に新しい感覚に刺激を受けます。

是非、ご覧下さい。



詳しくは、下記のHPで!!
http://www.kyoto-art.ac.jp/

弊社企画展『四季かさね』のご案内

弊社 コマテキスタイル株式会社が
平成27年3月12日(木)〜平成27年3月14日(土)まで、
モスリンを中心とした企画展を開催いたします。

このホームページでご紹介させていただいている染織作家の皆様の
ご協力をいただき、春をテーマにした作品を集めて展示販売会を致します。

染織作家の皆様の感性を十分に感じていただけると思います。

また、モスリンなどの晒上げの生地や和晒の生地などの販売もいたします。

春の京都へ、春の息吹を感じに是非お越しください
お待ちしております。



コマテキスタイル株式会社企画展
『四季かさね』 第1章 春


場所:idギャラリー
    京都市中京区夷川通寺町西入ル南側
    TEL 075-212-0075

期間:平成27年3月12日(木)〜平成27年3月14日(土)

時間:10:30〜17:30(最終日は17:00)

風工房 斎藤洋さん 個展のお知らせ

風工房 斎藤洋さんから新作の画像を送って頂きました。





ウールガーゼの生地にダイヤーズカモミールとラベンダー、
そしてタマネギの皮などを使われて染められています。

自然な色あいのグラデーションが優しいです〜
癒されます。

2月6日から28日まで 秋田・小松クラフトスペースでの
作品展に出品されます。
詳しいご案内は 後日!!!


仙台市 アガルタ展

先月 11月20日〜22日に仙台市で
第3回アガルタ展『クラフトという視点』が開催されました。

出展された中で、純毛モスリンを使ってピンワークでドレスに仕上げた作品があります。



この作品は、仙台市の祥備堂さんがプロデュースされ
アート系高校の学生の方達が弊社のモスリン生地などを
使っていただいて作品に仕上げられたものです。
若い方達の柔軟な発想力には、いつも脱帽します!!

大変、好評だったようです。




また、1〜2才用のモスリンの着物も展示されました。

弊社の事も紹介していただきました。



モスリンが世代を超えて、愛されるものになれば
とても嬉しいです。

祥備堂さん 学生のみなさま!
ありがとうございました。

ゆいとりの会

弊社モスリンのハギレで、いつも素敵な小物を
作られている、『ゆいとりの会』の皆さんの最新の画像を
斎藤洋さんが、送ってくださいました。

バックインバックやポーチに仕上げてくださいました。




斎藤洋さん  ゆいとりの会のみなさん
本当に、いつもありがとうございます。

モスリンのハギレでみなさんも小物作りに
チャレンジしてみてはいかがですか?

通販ショップはこちらです!!

昔ながらの生地屋さんショップサイト
http://www.komatekisutairu.com/

フジイ フシキノ さん 展示会のおしらせ

フジイフシキノのお二人の展示会が久々に京都で行われます!

優しい色合いの染めと体を包み込むカットとデザインのコラボレーションが柔らかな時間へと導いてくれます。

開催期間などは下記をご覧ください



フジイフシキノ 「モスリンの服

期間:2014年10月30日(木)〜11月2日(日)

時間:12:00~18:00(30日のみ、13:00~)

場所 :ギャラリー モーネンスコンピス
   (株)エーワンテック本社ビル3階
    〒602-8142
     京都市上京区堀川通丸太町下ル下堀川町154-1
     TEL/FAX 075-821-3477
     http://www.maane-moon.com/

風工房 斎藤洋さん 個展

先日 お知らせ致しました斎藤洋さんの個展へお邪魔しました!

奈良県宇陀市の築300年の古民家での個展は、斎藤さんが染められた作品と雰囲気がぴったりな安らぐ空間でした。






こちらはウールガーゼを草木染めで染められたストール!!
優しい色合いでほっこりします。




モスリンはもちろんのことガラ紡・シルクなど草木染めなどで丁寧に染められた布達は、静かに語りかけるように癒してくれます。

たくさんの人たちの手を渡り、纏う布になります。

風工房 斎藤洋さん 個展のお知らせ

風工房 斎藤洋さんが奈良県宇陀市のギャラリー夢雲(ムーン)で
『風布展・染』を本日平成26年10月3日(金)〜平成26年10月12日(日)
まで開催されます。





自然染料でモスリンをはじめ手紡ぎの手織布、ガラ紡etc・・・を
斎藤さんの人柄を表すような優しい色合いで染められた布を
コート シャツ ショールなどに仕立てた作品が並びます。

『風布展・染』
場所:奈良県宇陀市室生向渕415
   GALLERY 夢雲
   TEL 0745-92-3960

日時:平成26年10月3日(金)〜平成26年10月12(日)
   AM 11:00〜PM 6:00 会期中無休

詳しくは下記HPをご覧ください。

http://www.39moon.com/

斎藤 洋さん 二人展のおしらせ

風工房 斎藤洋さんがバスケタリー作家の澤畑明見さんと 
平成26年9月2日(火)〜平成26年10月19日(日)まで
京都 南丹市 美山かやぶき美術館
二人展『祈り』が開催されます。


いつもながら、斎藤さんの色使いは優しいです。
木の皮で編み込まれたバスケットも、おもしろいですね。
3番目の写真は石に糸や布を使って編み付けているそうです。


開催期間中にはワークショップやヴァイオリンとギターの
コンサートなどもあります。


二人展 祈り -いただきもの-
 場所 美山かやぶき美術館・郷土資料館
    京都府南丹市美山町朴ノ木21
    TEL 0771-75-1777
 日時 H26年9月2日(火)〜H26年10月19日(日)
    AM10:00〜PM4:30
    月曜日休館(月曜日が祝祭日の場合は翌日)

続いて・・・
2014 東北の手わざと絵画展
平成26年9月16日(火)〜平成26年9月21(日)まで
京都市 岡崎のギャラリー唯 にて開催されます。



手業展は第3回 ハックの家絵画展は第2回です。
回を重ねる毎にみなさんレベルアップされているようです!!!
モスリンを使った小物などもあります。

2014 東北の手わざと絵画展
 場所 京都市左京区岡崎円勝寺町91
    グランドヒルズ岡崎神宮道102
    TEL 075-752-0348
 日時 H26年9月16(火)〜H26年9月21(日)
    AM 11:00〜PM 6:00

絵本作家 成広のり子さん

絵本作家の成広のり子さんが、モスリンの生地を使って
風呂敷を作られました。

柔らかな色合いと手描きならではの繊細なタッチが
綺麗ですね!!!



一つの角にかわいらしい房が着いています!!
かわいいです。

弊社で取り扱っている『和晒し』でハンカチも作られました。



また、今月23日〜31日まで兵庫県たつの市の重要文化財 賀茂神社にて絵画展も開かれます。



モスリンの風呂敷や和晒しのハンカチも出されます!!!

詳しくは下記ホームページで!!
http://homepage1.nifty.com/surara/index.html

モスリン風呂敷 Part2!

モスリン風呂敷の続きです。

弊社 女物長襦袢地のハギレを使って作ってみました。

ハギレ生地巾 74cm 縫い代約1cm
仕上がりは72cm角
縁は約3mmの三つ折りでミシン掛けです。
耳端をそのままで、上下三つ折りミシン掛けすれば
もっと簡単に出来ますね!(仕上がりは74cm角)

本などの角のあるものや



ペットボトルも




包めます!!

小さくたたんでバックにいれておけば
クーラなどの寒さよけとして
ひざ掛けとしてもお使いいただけます。

日本の風呂敷は本当に便利ですね!

モスリンの風呂敷

昭和60年頃まで、純毛モスリンを使って染められた風呂敷ありました。
いつも弊社の男物長襦袢や女物長襦袢、夜具友禅などを染加工していただいている有限会社野村染工場様の所蔵品の中から、何点かご紹介いたします。

野村染工場様は、昭和39年から染色工場として、モスリンだけでは無く人絹や、綿などの祭り用法被・登り旗など色々と染められています。詳しくは下記HPで!!
http://www.nomura-art.com/online/



<許村染工場所蔵品>

<許村染工場所蔵品>

<野村染工場所蔵品>

72cm角の風呂敷は、ご近所へのご挨拶や
大切な物を包むのにもとても使い勝手がいい大きさです。
残念なことに、これらの染型はもう無いそうです。

しなやかで、シワになりにくい特徴から、普段用の風呂敷としても使われていたようです。

Part2へ!!!



取り扱い商品 新着情報!

弊社取扱商品紹介ページに新しく
純毛モス一ツ身友禅 

純毛モス女物長襦袢地を

追加いたしました!

是非ご覧ください!!

田老町 ゆいとりの会

以前にご紹介した岩手県宮古市田老町で、布クラフトの活動を
されているゆいとりの会の方々から、モスリンを使って作られた
帽子や小物入れバックインバックを送ってくださいました!!!



いつもながら丁寧に作られています。

帽子の形がとっても可愛いです!!

ゆいとりの会の皆様、いつも有難うございます。

モスリンは単糸の平織りですので、針通りがスムーズです。
無地の生地から、手捺染で染められた子供用古典柄など
いろんな生地をつかって、オリジナルの小物や帽子バックなど
楽しく作ってみませんか?

フジイ フシキノ さん パリ展 

今年1月 フランス パリ市が運営する若手クリエーターの
インキュベーション施設「アトリエ・ド・パリ」主催で
日本のクリエーターを紹介する展示会「Kawaii et cetera」に
フジイフシキノのお二人が参加されました。



フランスの「Maison d’exceptions」というウェブサイトで紹介されています。

モスリンの事も紹介していただいています。



詳しくは下記HPをどうぞ!!

fujii+fushikino
http://fujiifushikino.com/

Maison d’exceptions
http://www.maisondexceptions.com/en/fujii-fushikino-une-coloriste-et-une-couturiere/


和訳したものが下記です。

Fujii+Fushikino 色彩デザイナー、女流服飾作家

着る人の生活スタイルを通して、その人に合う的確な色や形が最大に引き出されるテキスタイルを貴方も試してみませんか?

ここに、目を見張るような、やわらかで新鮮な興味深い作品がありますので、
ご紹介いたします。
(フジイフシキノ)は、染色作家である藤井良子さんと、服飾デザイナーの
伏木野芳さんが手掛ける快活なユニットデザイナーであります。

彼女達は、ウール素材であるモスリンを愛し、この素材を通して6年も活動されています。

1870年より、フランスから輸入されたモスリンは、瞬く間に日本の伝統文化となりました。
日本では、着物の下に着用する保温肌着である長襦袢や、普段着用着物として使用されており、日常で欠かせないものとして使用されておりました。
冬場の日本では、軽くて通気性があり、保温性に優れたモスリンが当たり前の存在でした。

(フジイフシキノ)では、この素材を現代の生活に息をふきかけました。
浜松で作られたメリノウールモスリンを京都、右京区にて二人で制作されます。
制作に使われる工程は、カットと染色の2工程に分別されます。

藤井良子さん(38歳)は、龍安寺の近くに自身の染色工房を構えています。
彼女は、染色にはあまり時間をかけず、正しい色へと決断する時間をより多く費やすよう作業をしています。 
彼女は一度の刷毛捌きによって完成する染色作業に大きな喜びを感じています。
染色は、それぞれの色ごとにある一定の乾燥期間を経て希望の色へと導かれます。
この工程は、彼女にとって仕事のリズムとなっています。
“刷毛染め”(伝統的な友禅染めに使われる刷毛を使った染色技法)は、フリーなモチーフを求める (図案の目安とされる糊やステンシルは一切使用しない) もので自由さが
特徴です。一度に込められる刷毛捌きが、その作品の出来上がりとして反映されます。

伏木野芳さん(41歳)は、天神川沿いにある友禅染め工場を改築した共同アトリエを
製作工房として使っています。彼女は染色における情熱を美しい衣服へと導いています。
テキスタイルが持つ特徴を最大限に活かすことを試みています。

4mの生地から生まれる2点のドレスには、カットが必要になります。
カットという作業は、ムダな切れ端を抑えるため、生地に対して、最大の尊重を持って行われています。生地に対して真剣な思いが感じとれます。
(フジイフシキノ)は、生地と手掛けるカットにより、出来上がる作品との出会いを、大事にしているユニークな概念を持っています。

同じ図柄はなく、基本的な形 (4点のトップス、3点のドレス、2点のスカート、
1点のストールなど)から、四季折々の独創的感性によりそれぞれ単体の着こなし
(たとえば、前と後の区別のない、体型により縛ったり、つなげたりしながらサイズを修正するなど) から無限の着こなしを提案している。
ストールはシンプルでありながら構築的です。その素材の表情や動きは自由です。

様々な形での不規則な色の使い方は、パレットの中の様々な色を重ねることによって、生まれる深い色合いとなり、繊細なカットは、まるで、金の糸で布端の始末をかけたかのような素晴らしい効果を生みだします。すべては、この魅惑的な”見えない手”によって美しい作品へと導かれているのです。

(フジイフシキノ) 彼女達のまるで浮かんでいるような色彩作品は、毎日を希望の旅へといざなうような提案している、染色家と縫製デザイナーの二人によるアーティストから成り立っています。

             (翻訳 コマテキスタイル
                        河野亜矢子)

シルクウェービングスタジオ ダイアナさん

3月20日 カナダ バンクーバーで染織の活動をされている
シルクウェービングスタジオ代表のダイアナ サンダーソンさんが
染色家の斎藤洋さんと京都営業所へお越しくださいました!

http://www.silkweavingstudio.com/

ウールモスリン ウールガーゼを気に入ってくださり、使って頂いています。

また、絹糸などを染めて販売もされているようです。
http://www.sanjosilk.com/

カナダの方にモスリンの良さを知っていただいて、使っていただく事はとても嬉しいですし、そしてありがたいことです!日本だけではなく本当にいろんな方にモスリンの魅力を知っていただきたいです。



神戸ファッション美術館『ウールの衣服展』

先日、神戸ファッション美術館『ウールの衣服展』に行ってきました。



ウールの歴史や人との関わり方、紡績道具また民族衣装やロココ時代からの歴史衣服、20世紀のオートクチュールや労働着、20世紀後半からの機能性に優れた衣服など展示されていました。

以前ご紹介した似内恵子さんのご本の表紙を飾っている、モスリンの着物も展示されています。とっても可愛いモスリンの着物です!

衣服造形家の眞田岳彦さんのウールを使った作品も展示されています。圧巻でした!!!

ウールの歴史や新素材が体感できて、とても楽しい1日でした。

またこの日、羊毛紡ぎ体験をしました!
羊毛から毛糸を紡ぐための道具、スピンドルを使って、糸紡ぎをします。
このことは、また改めてご報告いたします。

風工房 斎藤洋さん 個展のおしらせ

風工房 斎藤洋さんが、久しぶりの個展をされます。
ガラ紡 麻の蚊帳生地 モスリンなど国産の素材に天然染料等を
使って染められた作品などが並ぶそうです。
モスリン最新作の写真を送っていただきました!



右二列がガーゼモスリン。左はモスリン。
全て天然染料で染められています。


斎藤さんがこの個展に際してこのようにコメントされています・・

『3.11以降、思うことがあり、従来の化学染料に替えて天然染料を選び取ることにしました。基本的に子供が口に入れてもよい色を染めて行きたく思います。素材はガラ紡、モスリン、麻の蚊帳生地など国産のものにこだわりました。失われていく日本の布や技術に心を留めていただきながらご覧いただければ幸いです。』

日本の布や技術・・・
守りたいです!



kazafu 斎藤 洋 染展

開催場所: 豊田市小坂町7丁目90-3
        風の器 サラ
      TEL:0565-34-3731
日  程: 2014年3月1日(土)〜2014年3月9日(日)
時  間: 10:00am〜7:00pm

京都造形芸術大学 卒業展のおしらせ

京都造形芸術大学 染織テキスタイルコースの学部生、大学院の方々の2013年度卒業展・大学院修了展が、2014年2月22日(土)〜2014年3月2日(日)まで京都造形芸術大学瓜生山キャンパスにて開催されます。
学部生・大学院生の皆様が1年間かけて制作した作品展です。
シンポウムや講評会など、数多く企画されているそうです。

昨年拝見したとき、新鮮でエネルギーがいっぱいの作品ばかりでした!!!
今年も楽しみです!



くわしくは、下記ホームページで!
http://kuad-sotsuten2013.com/

fujii+fushikino(フジイフシキノ) 展示会のお知らせ

fujii+fushikino(フジイフシキノ)のお二人が、今月に2カ所で展示会をされます。

まず、只今開催されているのは・・・
「ワタシを 容 作るモノ ̶ デザインクラフトからの提案 –」展 

開催場所:小山市立車屋美術館
     栃木県小山市乙女 3-10-34 tel:0285-41-0968
日  程:2014年2月1日(土)‐3月23日(日)

そして!

布博2014 at 町田パリオ

開催場所:町田パリオ 4F
     〒194-0022 東京都町田市森野1-15-13

日  程:2014年2月21日(金)〜23日(日)

また、トークライブも、開催されます!!
「素材を活かすものづくり-fujii+fushikinoのモスリンの服-」

日  程:2014年2月22日(土)13:00〜
  
モスリンについてトークライブをされるそうです!!!

2ヶ所とも関東地方ですが、お近くの方は是非お立ち寄りください。

詳しくは、下記のHPをご覧ください。
http://fujiifushikino.com/

モスリンの本 A

モスリンの本が1月15日に発売されました。

明治〜昭和初期に作られたかわいい柄のモスリンがたくさん
載っています。

また、モスリンに魅了された〜でご紹介しています方々も!

弊社もご紹介いただいています。



そしてこの方も!!


モスリンという生地は、いろんな方に支えられています。
もっと、多くの人に知ってもらいたいです。


モスリンの絆天

寒い日が続きます。
今日は大寒です。
大寒とは1年でもっとも寒い時期を表し、二十四節気の立春(1月20日〜2月3日)までが大寒の時期だそうです。

確かに寒いです。

そんな寒い日は・・・
モスリンの絆天を着てほっこり過ごしてはいかがでしょうか?


モスリン絆天は、暖かくしかも軽い!
モコモコ感が少なく、長時間着ていてもとても楽です。
インターネットでもいろいろとご紹介いただいています。

お値段は高めですが、モスリン絆天の着心地を体感してください。



名古屋 月日荘さん

愛知県 名古屋市で着物と器をあつかっている「月日荘」さんで
平成26年1月10日〜平成26年1月20日まで 
伊勢木綿とモスリン長襦袢という企画展をされます。

月日荘さんの建物は、昭和初期に建てられた日本家屋で
なるべく当時ののまま残されているそうです。
昭和初期のゆったりした雰囲気つつまれて、
着物や器などに触れるのも、いいですね。

くわしくは下記のHPまで
http://www.tukihiso.com/exhibition.html

モスリンを取り上げて頂くことは、とてもありがたいですし
少しでもモスリンを知って頂くきっかけになればいいなと
思っています。

モスリンの本

NPO法人京都古布保存会 似内恵子さんが、モスリンを中心とした
書籍を出版されます。
これまで、モスリンの紹介本はほとんど無くモスリンを知って頂く上にも画期的な書籍です。
子供柄から大人の可愛い柄まで、京都古布保存会がコレククションされいるモスリンの図柄が多数紹介されています。
発売日は平成26年1月15日
現在アマゾンにて先行予約をされています。

表紙も可愛いです!

似内恵子様をご紹介いたします。
NPO法人 京都古布保存会理事長。古い着物や布の収集や保存、京都文化の継承と伝達を図ることを目的として、平成16年に「京都古布保存会」を設立されました。展示、講演やセミナーなど多方面で活躍されています。

似内恵子さんより出版にあたりコメントを頂きました。

「このたび、「明治大正の可愛いモスリン」出版にあたり、コマテキルタイル様には資料のご提供や取材のご協力でひとかたならぬお世話になりました。
現在モスリンを販売するお店がどんどん少なくなっています。コマテキルタイルさんは自社製品を販売する数少ないお店のひとつです。ぜひ店頭で本物のモスリンの美しい色や柄に触れていただければと思います。
著者 NPO法人京都古布保存会 似内惠子」

モスリンの糸

毎日のようにモスリンの生地を手にしていますが、糸を見るのは初めてです!


このモスリンの糸は48番手の太さの糸です。


柔らかく繊細ですね。
この糸が生地になり、いろんな色で染められます。
私たちの手元に届くまでに、たくさんの技術や思いが重なっています。

報告がおくれましたが・・・・JFW JAPAN CREATION 2014

平成25年11月20日(水)〜21日(木)東京国際フォーラムで行われた
JFW JAPAN CREATION 2014
に弊社も参加いたしました。



草木染や菊塵染 インクジェットプリントで染めもの ご紹介させて頂いている企業様や染織作家様の作品など展示いたしました。

初めての参加でしたので、バタバタといたしましたがモスリンをたくさんの方に知って頂ける機会になったとおもっています。

ご協力くださいました、染色作家の皆様、各企業様 
本当ありがとうございました。


今後も、モスリンをもっと多くの方に知って頂けるよう、がんばります!

かのうふくゑ ショール展

モスリンに魅了された人々でご紹介させていただいています、かのうふくゑさんが、バック作家の竹田安嵯代さんと2013年9月11日(水)〜2013年9月17日(火)まで、大阪 阪急うめだ本店10階の「GALERIE le ton du temps」にて、展示会をされます。透明感のある優しい色彩のかのうさんのショールと、オブジェのような竹田さんのバック・・・是非ご覧ください。




  場所: 阪急うめだ本店10階 うめだスーク北街区
      GALERIE le ton du temps
  日時: 2013年9月11日〜2013年9月7日
  時間: 日曜日〜木曜日 10:00〜20:00
      金曜日・土曜日 10:00〜21:00
 

銀閣寺 古布・古道具 もすりん

銀閣寺 哲学の道を少し東に入った所に 古布・古道具のお店
もすりん」さんへ先日おじゃまいたしました。

素敵な古民家で、ご主人と奥様の手作りの和小物、古布やきものが
たくさん並んでいました。




たくさんの古布の中にモスリンも・・・





下の写真は、かなり古い物です。


お店の名前「もすりん」について伺うと
もすりん・・と言うかわいらしい響きが好きでと、おっしゃっていました。

たくさんの貴重なモスリンを見せて頂きました。

毎月、京都の手作り市などにも出店されています。
毎月 15日  百万遍手作り市(手作り作品のみ)
    21日  東寺 弘法市
    25日  北野天神市
いろいろお話伺って、とても静かなゆっくりとした時間が過ごせました。銀閣寺の近くへお越しの際は、是非行ってみてください。

古布・古道具「もすりん」 
   住所     〒606-8403 京都市左京区浄土寺南田町20
   TEL      075-761-3258
   営業時間   11:00〜17:00 不定休

fujii+fushikino(フジイフシキノ) 展示会のお知らせ

fujii+fushikino(フジイフシキノ)のお二人が、8月に2カ所で展示会をされます。

第二回 かわいい布博 (東京、町田)
全国から布にまつわるクリエーターがあつまるマーケットだそうです。
開催場所:町田パリオ 4F
日程:8月2日(金)〜4日(日)


「京都 fujii+fushikino展」
場所:flower cafe hanna
北海道旭川市末広3条3丁目4-6
日程:8月6日(火)〜10日(土 )

北海道〜〜いいですね〜〜〜
詳しくは下記のHPをご覧ください。

http://fujiifushikino.com/

中井由希子さんコレクションのお知らせ

中井由希子さんが藍染の活動をされている田村美奈子さんと
中井由希子&田村美奈子 そめいろまといコレクション平成25年」7月6日(土)奈良市法蓮町の、ちてはこカフェにて開催されます


お二人の作品の他ファッションショーや音楽とのコラボレーションイベントもあります。

詳しくは下記をご覧ください。

http://blog.rooftop-nara.net/

風工房 斎藤洋さん 二人展 A

先日お知らせいたしました斎藤洋さんの二人展の写真を斎藤が送ってくださいました。



ウールモスリンのチュニックはゆいとりの会の方々の仕立てです。

いろんな色がかさなって、本当に美しいです。

風工房 斎藤洋さん 二人展

風工房 斉藤洋さんが平成25年5月31日〜平成25年7月2日まで
長野県白馬村のギャラリー「森と人と」で二人展をされます。
ウールモスリンをはじめインドの手織り綿や蚊帳生地などを使って
染められています。出品されるチュニッックは、以前モスリンのブックカバーで紹介いたしました、岩手県田老町のゆいとりの会の方たちの仕立てだそうです。詳しくは 風の布パピヨンのブログを
ご覧ください。

http://blog.canpan.info/shamurie/

カンヌ国際映画祭 中井由希子さんのドレス

奈良で染色をされてる中井由希子さんがモスリンを使って作られたドレスを
カンヌ映画祭で審査員をされている河瀬直美監督がで着ておられます!

レッドカーペットを行くドレスはやわらかく、繊細。
しかもスキッとしたキレも感じられます。かっこいいです。


詳しくは中井由希子さんのブログをご覧下さい。

http://blog.rooftop-nara.net/

fujii+fusikino (フジイフシキノ) 2013春の展示

fujii+fusikinoさん(テキスタイル作家 藤井良子さんと服飾作家 伏木野芳さん)の2013 春の展示(5月18日(土)19日(日)20日(月))に、おじゃましました。
純毛モスリンをとても美しく染めておられます。

モスリンの特徴のドレープを活かした仕立ても、とても丁寧で
本当に美しいものばかりでした。

展示販売会は年に数回されるそうです。また、モスリンニュースでもお知らせいたします。


fujii+fusikino (フジイフシキノ) 2013春の展示 のおしらせ

fujii+fusikinoさん(テキスタイル作家 藤井良子さんと服飾作家 伏木野芳さん)の2013 春の展示
5月18日(土)19日(日)20日(月)の3日間 idギャラリー(京都)にて開催されます。
展示販売会やパターンオーダーもされるそうです。
詳しくは下記ホームページをご覧ください!

http://fujiifushikino.com/news

2013/2014 Autumu&Winter Colleton終了のお知らせ

2013/2014 Autumu&Winter Colleton終了のお知らせ   2013/04/15

去る4月8日〜4月12日まで開催いたしておりました 2013/2014 Autumu&Winter Colletonは、終了いたしました
たくさんのご来場誠に有難うございました。



2013/2014 Autumu&Winter Colleton のお知らせ

コマテキスタイル株式会社恒例の2013/2014 Autumu&Winter Colleton平成25年4月8日(月)〜平成25年4月12日(金)まで弊社大阪本社にて開催いたします。
常にお客様のニーズにお応えすべく自社リスク素材にて新商品をご提案させて頂きます。
本社主力商品の寝具側生地 新素材や新規格 もちろんモスリンなど、多数展示いたしております。皆様のご来場心よりお待ちしております。

場所:大阪市中央区安土町3-3-9 田村駒ビル10F
     コマテキスタイル株式会社

時間:9:00〜17:00
TEL: 06-6263-2560


より大きな地図で コマテキスタイル 株式会社 を表示

風の布パピヨン(風工房) 第二回手業展のお知らせ

風工房 斎藤洋さんの主催で手業(てわざ)展が・ギャラリー風布にて 4月2日(火)〜4月6日(土)まで開催されます。皆さん心をこめて制作されたモスリンを使った作品やクラフト作品が並びます。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

http://blog.canpan.info/shamurie/

田老町 ゆいとりの会 モスリンのブックカバー

岩手県宮古市田老町で布クラフトの活動をされているゆいとりの会 大棒レオ子さんから、ゆいっこぞうりやブックカバーを送っていただきました。写真の手前3枚が、モスリンのハギレで作られたブックカバーです。
小銭入れとしても使えるゆいっこぞうりもかわいいです。


裏はこうなっています。


モスリンのハギレが、生まれ変わりました。

京都造形芸術大学の卒業展・修了展A

先日お知らせした京都造形芸術大学の卒業展・修了展へ、おじゃましました。どの作品もとてもエネルギッシュで、
美しいものばかりでした。
     
写真は、ウールモスリンの生地を使って染められた作品です。


写真の作品制作者の諸岡夏絵さんです。

3月3日まで開催されています。ぜひ、ご覧ください。

京都造形芸術大学 2012年度卒業展 大学院修了展のおしらせ

京都造形芸術大学 染織テキスタイルコースの学部生、大学院の方々の2012年度卒業展・大学院修了展が、2013年2月23日(土)〜2013年3月3日(日)まで京都造形芸術大学瓜生山キャンパスにて開催されます。
学部生・大学院生の皆様が1年間かけて制作した作品展です。
また、1年生の皆様とSOU・SOU様とのコラボレーションで制作されたスヌードが卒業展スタッフのユニフォームになっているそうです。

くわしくは、下記ホームページで!
http://kuad-sotsuten2012.com

お問い合わせはこちらから
作品検索

毛斯綸 モスリン
運営会社:
コマテキスタイル 株式会社

【京都営業所】
〒600-8427
京都市下京区松原通室町東入
玉津島町305
TEL:075-361-6426
FAX:075-361-9428

【大阪本社】
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町3-3-9
TEL:06-6263-2560
FAX:06-6263-2610

生地の通販サイト 昔ながらの生地屋さん

 通販ショップはこちら