HOME > モスリンとは:モスリンの歴史

モスリンとは

モスリンとはのカテゴリーを選んでください。

モスリンの歴史

モスリン年表

安政6年 (1859)安政の大獄、この頃よりモスリンの前身、呉呂服綸流行
明治5年モスリン、フランスより舶来、縮緬呉呂として珍重される
明治6年 (1873)太陽暦採用
明治9年京都、木村藤吉など緋唐縮緬の白抜き工法開発
明治14年岡島千代造、緋友禅写し染め法を開発、モスリン友禅加工の濫觴となる
明治20年岡島千代造板揚糊写し染法を考案、この頃よりモスリン染色加工工場が国内各地に建設される
明治23年兼松商店豪州羊毛を日本で初輸入
明治27年日清戦争はじまる
明治29年羊毛輸入関税撤廃 毛斯綸(大阪)、東京モスリン紡織(後の大東紡織)、日本毛織、松井モスリン、毛織布会社(館林上林モスリン)など設立
明治38年国産モスリン初めて輸出 輸入量より国内生産量が多くなる
明治40年機械捺染によるモスリン染色可能となる
大正3年第一次世界大戦 輸入染料暴騰 日本染料会社設立
大正5年モスリン輸入なくなる トップ設備増加
大正6年ロシア革命
大正7年第一次世界大戦休戦 大阪モスリン問屋モスリン同盟会結成
大正10年モスリン市場にあふれ五割操短 京都染工株式会社、捺染機械でモスリン友禅加工開始、染色の堅牢と安い価格でモスリン友禅が大衆のものとなる
昭和2年 (1927)金融恐慌おこる モスリン相場市場最安値
昭和4年世界的経済大恐慌おこる 東洋モスリン、合同毛織、後藤毛織破綻
昭和6年スフ混紡事業保護奨励
昭和9年満州国擁立 日満緬羊協会、朝鮮緬羊協会設立
昭和11年2・26事件 日本羊毛工業会、豪州羊毛の買い付け中止を決定
昭和12年毛製品のスフ混用規則公布
昭和13年緬糸配給切符制実施 校内用モスリンの製織禁止
昭和20年8月15日 終戦の詔勅下る  第二次世界大戦終戦
昭和25年原毛の民間買い付け再開
昭和27年頃大東紡績株式会社他 モスリン製織再開
昭和48年第一オイルショック 以後モスリン需要減少する
現在は、モスリン製織及び販売は数社となり、存続の危機となる。

田村駒の誕生とモスリン

 明治27(1894)年3月15日。田村駒の第一歩は力強く踏みだされた。場所は、大阪市東区横堀2丁目32番地。魚の棚筋西側。創業者の田村駒治郎27歳、実弟平松徳三郎23歳、希望に燃える青年たちであった。当初の業務内容は、駒治郎が勤務していた岡島合名会社の染色加工したモスリン友禅を大阪市内で一手に販売すること。駒治郎は岡島合名会社の工場責任者と兼任のため、営業はもっぱら徳三郎が受け持った。船場の商習慣であった、客を待つ「座売り方式」をとらず、商品をいっぱい背負って、出張販売を行った。
 
 駒治郎には勝算があった。モスリンをはじめとする洋反物は、必ず広く大衆に普及する。その流れが堰を切ろうとしている、いまこそ好機だ。そう確信していた。

 当時、モスリンの手染め友禅技術は完成度を高め、モスリンは和服生地としての地歩を固めていた。その用途は着尺にとどまらず、帯・襦袢・ふとん・ふろしきなどに広がっていく。大半を輸入に頼っていた生地も、各地で本格的な国内生産が開始されようとしていた。

 この年8月、日清戦争勃発。その前後の好況によって、それまで官需中心だった毛織物の民間需要が活発化したことも、駒治郎の追い風となる。

 まだまだ一般には馴染みの薄い洋反物。だがそれだけに、駒治郎の踏みだした一歩の先には、洋洋たる可能性がきらきらと広がっていた。

意匠室と戦前の代表的な意匠

 田村駒が地歩を築いたのは、何といってもモスリン友禅のデザインによるところが大きい。駒治郎は「友禅は意匠図案が生命」との信念をもち、意匠想像に力を傾けた。明治31(1898)年意匠室を設け、西村直仙・繁仙親子、松村景春ら気鋭の図案家を集めた。37年組織拡大により部に昇格した意匠部には、その後アイデアに富む大矢庄太郎が主任に迎えられ、田村駒は新図案の研究・創作を積極的に推進した。

 また、友禅図案の懸賞募集や図案研究会を主催。外部図案家との交流を図りながら、今でいう新人デザイナーの発掘と育成にも力を注いだ。大正8(1919)年設立の意匠研究会は、落語家を招いての催しなど所期の目的から離れて、やがて会員相互の親睦会に変わっていったが、商売抜きで図案家を厚遇する田村駒の姿勢はデザイン界発展に大きく貢献した。その後の図案研究は昭和4(1929)年創設の七彩会、久津和会の活動に結実していく。両意匠研究会は独創的な図案の新商品を開発、田村駒の業績に寄与した。

 このような意匠重視の背景には、モスリンの一大ブームがある。モスリンは明治に入ってから普及し、大正・昭和初期に最ももてはやされた織物。絹物の銘仙や御召に比べ、軽く柔らかい風合いとシワになりにくい性質がうけ、染色加工技術の発達とあいまって、着物や寝具、風呂敷にいたるまでなくてはならないものになった。洋反物業者は、毎月意匠を凝らした新柄を発表、各店が競い合った。

 「意匠の田村駒」とモスリンブームはみごとに合致、絢爛たる意匠の数々が生み出された。

田村駒株式会社所蔵

【参考引用文献】
「モスリンの歴史」  大東紡織 株式会社
「写真で見る田村駒の100年」  田村駒 株式会社
毛斯綸 2008年9月3日発行  くらしのきもの資料館

お問い合わせはこちらから
作品検索

毛斯綸 モスリン
運営会社:
コマテキスタイル 株式会社

【京都営業所】
〒600-8427
京都市下京区松原通室町東入
玉津島町305
TEL:075-361-6426
FAX:075-361-9428

【大阪本社】
〒541-0052
大阪府大阪市中央区安土町3-3-9
TEL:06-6263-2560
FAX:06-6263-2610

生地の通販サイト 昔ながらの生地屋さん

 通販ショップはこちら